貼って覚える『ピタットけんばん』 発売!

ピアノ練習の“困った”

♭ピアノの練習や教室でのレッスンでよくこんな“困った”を聞きます。

そんな時に役立つのが、貼って覚える『ピタットけんばん

  • 『真ん中のド』って? 座り方や椅子の位置で、微妙に伝わらないとき
  • 楽譜は読めるのに時間がかかる
  • いつまでも譜読みに時間がかかるのでは…?
  • お家に帰ると忘れちゃって、何も練習してこない
  • 弾くより考える時間の方が長くて曲の仕上りに時間がかかる
    弾きたくて教室に通っているのに…
    譜読みが面倒…
    弾く前に諦めてしまう
    楽譜を見ると気持ちが沈む…

 

ピタットけんばんとは

♯誕生秘話

貼って覚える『ピタットけんばん』は、もともと教室に通う知的障害をもつ12歳(当時)の生徒のために考案した物なのです。 自閉・ADHD。養護学校ではレベルの高い生徒で、 クラシック好き、中でもショパンやリストの細かい音符がいっぱいの楽譜が大好きでした。
しかし、楽譜を読むのは苦手で、運指も音価もめちゃくちゃでした。読めたところで適当な位置で弾くありさま。 レッスンでのテキストは優しく弾ける名曲集を用意し、手を取り教えても、また同じ間違いを繰り返すばかりでした。 ある時、彼がどうしても「乙女の祈り」を原曲のままで弾きたいと、すがる様な目で訴え続けるので、その熱意から彼の希望に応えることにしました。それから彼は自宅へ帰っては、朝も夜も寝る直前まで練習していたのですが、ただ読譜がなかなかうまくいかない日々が続きます。思い込みで間違って弾いてしまえば、その記憶を塗り替えるのはかなりの時間を要します。
そんな彼にどうすれば弾かせてあげられるのか…
でも弾かせてあげたい…
そこで自宅へ帰ってからの「わからない」「わすれた」を減らし「間違った練習」をしなくなる道具があればと、考案したのが「ピタットけんばん」と「フルカラー楽譜」なのです。
これを使い初め、どんどん弾けるようになり、私達もびっくり。
遂には彼の主治医までもがびっくりするほどきれいに弾ききったのです。

♯色の配列には…

ピタットけんばんの色の配列は自然がテーマです。
自然のイメージと音を結びつけることにより、音の高さや鍵盤の位置がより分かりやすくなるように配色されています。

使い方について

  1. 薄いフィルムをはがしてお使いください。
  2. ピアノの蓋裏に貼ったりなどしてお使い下さい。
    (ピアノに痕を残しません)
  3. ボードマーカーで書いたり、消したりできます。
    (8色マーカーございます)
  4. 鍵盤シートの配色にそって、既存の楽譜に書いたり消したりできるカラーペンで書き込んで使ってみましょう。
    (ちゃんとできるようになったら、消してあげましょう)
  5. 配色を変えたい時は、切ってお使いください。(はさみで簡単に切ることができます)
    ※注1:角を少し丸く切って使うと、本体の層が別れにくくなります。
    ※注2:カラー楽譜を併用する場合、楽譜のカラーは絵に準じた配列を使用していますので、 配列を変えないで使用することをお勧めします。

取り扱いについて

  • 何度でも貼って剥がして使えます。
     ※剥がすとき、本体の層が剥がれないように注意して剥がしてください。
  • 糊ではないので、ピアノに貼ってもあとを残しません。
  • 強く折り曲げたりしないでください。
  • 吸着シートなので、紙にくっ付いても支障はございません。

商品仕様・価格

<仕様>

サイズ:縦115mm×横1,230mm
印刷加工:フルカラー印刷・PPフィルム加工・吸着シート加工

<セット内容・価格>

〇ピタットけんばんシート
・長尺 フル鍵盤シート 1枚
〇フルカラー楽譜(サンプル楽譜)
※希望の楽譜についてはオーダーにて承ります。

通常セット価格 8,000円(税別)
初回限定版 7,000円(税別)

ー サンプル楽譜一例 ー

エリーゼの為に
メヌエットト長調
エチュード「革命」
ノクターンOp.9‐2
アラベスク
ページトップへ

K-Cat music 〒038-3812 青森県南津軽郡藤崎町大字小畑字福元7 Tel&Fax 0172-75-4032

Copyright(c) 2014 k-cat music. All Rights Reserved.